これから増える害鳥問題|痛みだけでなく死を招くハチは徹底的に退治しよう

痛みだけでなく死を招くハチは徹底的に退治しよう

これから増える害鳥問題

鳩

春から秋まで産卵可能

公園や道端でよく見かける鳩ですが、家の傍でよく見かけるようになったら注意が必要です。その鳩は近所かあなたの家に巣を作ろうとしているか、すでに巣作りを終えてしまった後かもしれません。鳩はもともと岩場や高い木を好んで巣を作ります。しかし自然が減ってきている現代では、人家やベランダといった所に巣を作るようになりました。鳩の繁殖期は年3回前後、4月〜6月と言われていますが、近年では春〜秋ならば産卵しているといった報告もあります。卵から大人になるまで1か月ほどといわれているので、爆発的に鳩が増えている状況なのです。さらに鳩は人体に感染する菌を保有していることも有名です。この菌は鳩の糞尿に含まれているため、放ったままにしておくと感染するリスクもあります。

簡単にできます

ではどうしたら対策ができるのでしょうか。駆除業者に依頼することも可能ですが、日頃の心がけで簡単に鳩対策ができます。まず、ベランダやエアコンの室外機の周囲を綺麗に片づけておくことです。物がたくさん置いてある場所や、人目につかない場所、そのような場所に好んで巣を作ります。日ごろから物を整頓しておくだけで近寄りにくい環境を作ることができます。次に小枝などが落ちていないか周囲を確認してみましょう。鳩は巣を作ろうと考えている場所の周囲に小枝をよく落とします。もし見かけた場合は捨ててしまうか、どこか遠くへやるようにしてください。これだけでも巣を作ることを防ぐ対策になります。また、100円ショップなどにある針山やテグス、鳥よけネットを使用することも効果が十分に期待できます。これらの対策を組み合わせ、鳩が巣を作りにくい環境を作ってしまうことがとても有効です。